2019年の福男となった山本優希さんですが、浮気相手からのライン画像拡散で

浮気(不倫)騒動が話題になりました。

その後の対応(合意書の送付)が逆ギレでは?とさらに注目を集めています。

 

福男って毎年テレビで取り上げられるほど盛り上がりますよね〜。

足の速さもそうですが、スタートを切る場所の抽選の運も重要なポイントです。

ただ、福男は周りに運を配るということで福男自身はそんなに福はないようで・・・^^;

 

 

今回は

・2019年の福男 消防士の山本優希さん

・2019 福男 のその後の対応(合意書の送付)

・2019 福男のその後の対応に対するネットの反応

について見ていきます。

 

Sponsored Link

2019福男は消防士の山本優希さん

 

2019年の福男は22歳の消防士、山本優希さんでした。

 

 

最初から最後まで1位を独走・・・! と本当にすごい走りです ^^✨

 

22歳という若さもありますが、中学・高校と陸上部だったようですし

さらに消防士という職業から普段から鍛えているようですね 

 

境内って滑りやすい箇所もありますが、転んだりすることはなく

最初から最後までお見事な走りでした。

 

ただ・・・福男になったことがきっかけに今回の浮気(不倫)騒動に発展してしまったので

結果的にどうだったのでしょうか…。

 

2019福男 その後は逆ギレ?送った合意書とライン画像が凄い…!

2019福男の浮気ラインが流出

2019年の福男として「顔」や「名前」が大々的に報道された山本さん。

 

どのキー局でも福男の詳細についてデカデカと報道されるものですから

浮気相手にも「22歳」「既婚者」「子持ち」「消防士」「広島在住」ということが

伝わってしまいました。

 

 

「独身」「24歳」「東京在住」「警察官」と嘘をつかれていたことを知った

浮気相手はとても驚いたそうですね・・・。

まぁ、「結婚しよう」とまで言われていたようですし、普通にショックですよね。。

 

 

2019福男 その後 消防士 浮気

 

2019福男 その後 消防士 浮気

 

2019福男 その後 消防士 浮気
(引用元:https://kogusoku.com/archives/13789)

 

 

そのあとはトーク内容を全て削除したようですが・・・

こういうのって消しても遅かったりするんですよね。。。

 

でも昔はメッセージの削除すらできなかったので

浮気をする人たちにとっては有難い機能なのかな…?

 

Sponsored Link

2019福男のその後の対応

2019福男のその後の対応ですが、弁護士を通じて合意書が送られたと

「週刊新潮」に報じられています。

 

 新年恒例、兵庫・西宮神社の「福男選び」。今年の「一番福」に輝いた22歳の消防士が、実は嘘つき不倫男だったことは本誌(「週刊新潮」)で報じた。今回はその後日談である。福男が逆ギレ、理不尽きわまりない文書を騙した相手に送りつけていたのだ。

***

昨年11月末、広島県内で消防士をつとめる福男は、広島市内の「相席屋」で出会った24歳の美女と情を交わす。そのあと二人は、毎日のように電話やラインでやりとりし、“遠距離恋愛”のはずだった。

東京勤務の警察官、24歳で彼女ナシ。そういっていた相手が、「福男」としてテレビに映っている。広島の消防士で、22歳、妻子アリだという。

身分を偽られたうえに不倫だったのを知った彼女が、本誌に思いを語ったのは今年1月である。

「それで、自分のなかではひと区切りつけたつもりだったのですが……」と、女性が切り出した。

「記事が出たあと、あの人の上司からしつこく電話やメッセージがあったのです。もう取材を受けたりするなという内容で、“今後いい人に出会ってもうまくいかなくなるから”とか、“将来、子どもが生まれたら困るだろう”というんです」

上司は、彼女を騙した消防士についても、

「反省しているといいながら、“いまは怒っていて、なにをするか分からない。最悪、あなたを攻撃する可能性だってある”、と。私の個人情報を持っているなんてこともいうし、正直、怖いです。脅迫だと感じています」

そう語る彼女のもとに、2月上旬、東京の弁護士名で一通の文書が届いた。

円満に解決された? 

「“合意書(案)”とありましたが、あまりに勝手な言い分ばかりなんです」

彼女によると、文書にはこんな文言が並んでいた。

〈甲は、自身の身上経歴等を偽ったことにより、乙を深く傷つけたことを反省し、乙に対して謝罪する〉

甲は消防士、乙は彼女である。

〈乙は、第三者に対し甲乙間の関係を開示したことにより、甲に多大な迷惑をかけたことを反省し、甲に対し謝罪する〉

そして、こんな項目も。

〈本合意により、甲乙間の関係は円満に解決されたので、今後互いに、相手方に対し、中傷、誹謗にわたる行為その他相手方の迷惑となる一切の行為をしない〉

まさに逆ギレ。ずいぶんと都合のいい言いぐさではないか。

「弁護士さんには、こんな内容の示談には応じられないと伝えました。文書は、あの人がしたことを棚に上げて、勝手に、私が謝ることにされています。“今後は第三者に話さない”とも書かれていて、それに違反したら違約金100万円を支払う、ともありました。サインしろといわれたって、できるわけがないですよ

と憤慨する彼女に対してはもちろんだが、消防士は、福男となってからも上司や弁護士にも面倒をかけ、“災い”をもたらしているわけだ。
(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190305-00557461-shincho-soci)

 

 

正直、「勝手だな〜」と感じてしまいました…。

結婚を考えていたのであれば、浮気相手となってしまった彼女が可哀想です。

 

本人の口からではなく、テレビで知ってしまったのということがまた何というか…。

今回、彼が福男にならなかったら、まだ関係は続いていたのでは?と考えてしまいます。

 

福男の奥さんも福男になったことを聞いてさぞ喜んだでしょうけど

結果的にどう思ったのだろう・・・。

 

2019福男 その後は逆ギレ対応に関するネットの反応は?

2019 福男 山本 消防士(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190305-00557461-shincho-soci)

 

2019年福男のその後の対応は弁護士を通じて

「もうこれ以上暴露するなよ」

「暴露したら100万円支払うように」

と合意書を送っていたのですね。

 

 

上司も部下のプライベートに対してしゃしゃり出てくるんですね〜。

部下の浮気相手に対して電話やメッセージを送ってくるって・・・

「浮気したことは過去のこととしてさっさと水に流せ」って言っているように感じてしまいます。

 

ネットの声を見ていきます。

 

 

 

そういえば・・・

2019年の福男と女性は「相席屋」で出会ったとのことですが

私も数年前に相席屋に行った際に出会った方は既婚者だったことを思い出しました。

 

「既婚者だけど遊ばない?」って堂々と言ってたなー。。。

もちろん二度と会いませんでしたが、あーいう場所に既婚者は少なくないのかも。

Sponsored Link