石原信明容疑者が交際クラブで出会った知人(五十嵐友理さん)に覚せい剤をお酒に混ぜて

飲ませ、殺害した容疑で逮捕されました。

石原信明容疑者は不動産会社(総合都市開発株式会社)の役員であり、税理士と報道

されています。

 

 

今回の報道で「交際クラブって何・・・?」と思った方は少なくなかったようで…。

”パパ活” かな〜と思いきや、パパではなく、”愛人” という位置付け?のようですね。

うーん・・・呼び方が変わったところで、中身的には大して変わらないように思います。

(パパ活は「身体の関係はない」としつつも、実際のところなんてグレーそうだし。。)

 

 

今回は

・石原信明容疑者が覚せい剤で知人を殺害した容疑で逮捕された件

・石原信明容疑者の不動産会社は総合都市開発株式会社か

・石原信明容疑者の税理士事務所はどこ?

について見ていきます。

 

 

石原信明容疑者が知人を覚せい剤で殺害した容疑で逮捕!

 

石原信明容疑者が交際クラブで出会った知人に覚せい剤を飲ませ殺害した容疑で逮捕されました。

 

28歳の女性に多量の覚醒剤を摂取させ殺害したとして、69歳の会社役員の男が逮捕された事件。7日、殺人などの疑いで送検されたのは東京・渋谷区の不動産会社役員・石原信明容疑者(69)です。

去年7月22日、自宅で板橋区の無職・五十嵐友理さん(当時28)に多量の覚醒剤を摂取させ、殺害した疑いがもたれています。

「こちらの住宅で、服を着ていない女性の変死体が見つかりました」(記者)

警視庁によりますと、五十嵐さんは3階の部屋で全裸の状態で死亡していたということです。2016年の冬頃に知り合ったという石原容疑者と五十嵐さん。事件当日の正午頃、2人が石原容疑者の自宅に入っていく姿が防犯カメラに写っていて、一緒に酒を飲んでいたとみられています。

これまでの調べで五十嵐さんは急性覚醒剤中毒で死亡したことが明らかになっていますが、その後の警視庁への取材で、五十嵐さんの体から致死量の100倍を超える濃度の覚醒剤の成分が検出されていたことが新たに分かりました。

多量の覚醒剤はどのように摂取されたのでしょうか。捜査関係者によりますと、五十嵐さんは事件当日、知人に対してLINEで、このようなメッセージを送っていたといいます。

「薬物を勧められて断ったが、酒に混ぜられて飲んでしまった」(五十嵐友理さん)

取り調べに対し、「事実ではない」と容疑を否認している石原容疑者。警視庁は覚醒剤の入手ルートなどについても調べを進めています。(07日16:37)
(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190307-00000054-jnn-soci)

 

石原信明容疑者の年齢は69歳、被害者の五十嵐友理さんは28歳ということで

その年齢差は41歳。

 

親と子くらい(以上?)の年齢差で、愛人契約していたのですかね…。

 

 

「服を着ていない女性の変死体」

「致死量の100倍を超える濃度の覚醒剤」

という点からも、感覚が麻痺した状態で身体の関係を持とうとしていたのかなと推測してしまいます。

 

 

石原信明の不動産会社名は総合都市開発株式会社か!

Sponsored Link

石原信明容疑者の不動産会社名は総合都市開発株式会社と特定されているようです。

 

アメブロに下記のように記載されていました。

 石原信明 容疑者 交際クラブ 五十嵐友理 覚せい剤 不動産会社名 税理士
(引用元:アメブロ

 

 

このアメブロを書いたと思われる方は現在、下記のように投稿されています。

 

58歳で大学院に入学し、61歳で税理士になるなんて・・・

普通に考えたらかなりの努力家で、本当にすごい人だな〜と驚くところですが

今回の事件のせいで「普通に気持ち悪いおじさんだったのか・・・」という思いしかありません。

 

 

にしても交際クラブに登録できる男性って結構なステータスがないとNGのようですが

不動産会社の役員+税理士なので「地位的にも財力的にもOK」なのでしょうね…。

 

石原信明の税理士事務所はどこ?

 

石原信明容疑者の税理士事務所はどこなのか見ていきます。

 

石原信明容疑者の税理士事務所を調べたところ・・・

港区にある税理士事務所のようでした。

 

ただ・・・その事務所のサイトに現在はアクセスができなかったので

もしかしたらすでに辞めているのか、または今回の事件を機に削除された可能性がありそうです。

 

 

「交際クラブ」って本当に楽しんでいる方もいるかもしれませんが

表沙汰になっていないだけで、裏でも色々ありそうですね・・・。

 

こういったツイートがあるように身近な存在になっていると思うと…

本当に自分の身を守るのは自分だけですね。

 

 

 

実際、どんな事件が起きようと企業側は悪くないですし

結局は相手次第ですからね・・・・。

 

今回の事件では覚せい剤が普通に出回っていることがまず怖いですが

簡単に人を信用するのは危険だな…(人のお宅に簡単に行くものではないな)

と改めて感じました。

Sponsored Link