内海祥子は山根明の愛人なの?息子のエルメス勤務の仕送りのためか?

山根明元会長が日本ボクシング連盟の会長と理事を辞任されましたね。

メディアではこの話題を毎日報道していたため、辞任を機に終息するのかな~と思いきや、告発状を提出した「日本ボクシングを再興する会」に対して山根明元会長が反撃するとも言われています。

 

そう言っているのが、山根明元会長の妹さん。

『ミヤネ屋』の独占取材では、「売られた喧嘩は買う。」「告発してきた333人の方に対して一掃してくつもりでは。」「今から攻撃していかないといけない。ご期待下さい!」などとコメントされたそうです。

 

まさかの宣戦布告宣言を妹さんがされたので、ちょっと驚きました ^^;

が、山根明元会長自身も「1つの本を出します」と暴露本の出版を予定しているようなので、これが反撃に値するかもしれませんね。

 

で、気になるのが内海祥子常務理事の存在。

山根元会長には目をかけられていたようで、理事から常務理事へと出世したと言われています。

ボクシング関係者の間では、「内海祥子常務理事は愛人なのでは」という声も上がっているようなのですが、どうしてそういった噂まで広がっているのでしょうか。

 

今回は、「内海祥子常務理事が愛人と噂されている件」について見ていきたいと思います。

 

Sponsored Link

内海祥子は山根明の愛人という噂は本当なの?

 

内海祥子常務理事は、山根明元会長の愛人という噂について見ていきます。

 

どうやらこれに関しては、

ある元理事が「会長自信が”内海の処女を奪ったのは自分”と言っていた」と証言しているそうです。

 

また、告発状にも

”過去から長期間に渡って山根との愛人関係にあります。”

”海外であろうが国内であろうが必ず山根に随行しております”

と記載されているようです。

 

山根元会長側は「告発状には誤りもある」と指摘しているため、この山根会長側と内海祥子常務理事の愛人関係がシロなのかクロなのかは二人のみぞ知る・・・というところでしょうか。(あ、でも元理事も不倫関係の話を聞いているなら、、もっといるのかな?)

 

 

内海祥子の息子はエルメス勤務で仕送りが必要?

Sponsored Link

 

内海祥子常務理事は、ご結婚されていて息子さんが1人いらっしゃるそうです。

また、旦那様は元税務署関係のお偉いさんなんだとか。

 

すごい裕福なご家庭のように感じますね。

母親は日本ボクシングは常務理事で、父親は元税務署関係のお偉いさん、ですから・・・。

でっかい豪邸に住んでいるのが、イメージできます ^^;(勝手なイメージですが)

 

告発状によると、内海祥子常務理事の息子さんは大学卒業後、

現在はパリ在住でエルメスに勤務しているようです。

 

パリ在住ってところがまた優雅で、驚いちゃいました。^^;

しかも、あのエルメス勤務ってところがすごいですよね。

一流ブランドですから・・・。

 

で、告発状によると内海祥子常務理事は、息子さんのために毎月70万円をパリに仕送りされているんだとか。

なんでもエルメスの材料費にお金が掛かってしまうから・・・と。

確かにこんな大金を毎月仕送りするには、しっかり稼がなければなりませんよね。

理事から常務理事に出世する必要性もありそうです。(理事や常務理事がどのくらい稼いでいるのかはわかりませんが。。)

 

ただ、気になるのが息子さんは専門学校とかに通っていたわけではないんですよね。

なので、四大卒業後→海外のエルメス勤務→材料でなにかを作っている というのはちょっとしっくりきません。。

あのエルメスが服飾に強くもない人を雇ったりするでしょうか・・・。

 

告発状の「息子に毎月70万送金している」に関しては、個人的にはどうなのかなぁと思ってしまいました。

もしかしたら、エルメスにそういった職があるかもですが。。。

 

まとめ

 

今回は、「内海祥子常務理事が山根明元会長の愛人と噂されている件」「内海祥子常務理事がエルメス勤務の息子のために仕送りしている件」について見ていきました。

告発状の内容もどこまで正しいかはわかりませんが、「火のないところに煙は立たない」・・・と言いますし、どうなのでしょう。

 

また、山根元会長は辞任しましたが、「共犯者」「女帝」と称されている内海祥子常務理事は今後どうするのでしょうか。

「辞任の意向を示している」と一部報道されていましたが、辞任するのでしょうか。

今後の動きが注目されています。

 

この事件はまだ当分終わりそうにないですね ^^;

二年後にはオリンピックがありますし、それまでに選手が過ごしやすい環境が構築されてほしいなぁと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ