サバイバルウェディング(ドラマ)のロケ地・撮影場所は?

7月から新ドラマ「サバイバルウェディング」がスタートします。

 

私自身アラサーなので「ウェディング」という響きだけでちょっと気になっちゃいます。(笑)

 

で、この「サバイバルウェディング」。

「結婚するから、寿退社します~♥」という29歳の女性が主人公。

 

もちろん、”サバイバル” というワードがついているようにそう上手くはいきません。(笑)

寿退社をした日に彼に婚約破棄をされてしまうんですね。

しかも、浮気までされた上で。。。

 

実際にされたらありえないシチュエーションなのですが・・・いやまじで本当に。

ドラマではコミカル?にお送りされるようで楽しみです^^

 

ちなみに「サバイバルウェディング」は原作が小説♪

ということで見ていきます。

 

 

Sponsored Link

「サバイバルウェディング」とは?

 

「サバイバルウェディング」とは、大橋弘祐さんが書いた小説です。

 

内容は・・・

――え、半年以内に結婚しないとクビ! ?

出版社勤務の黒木さやか(29)は、4年交際した和也と結婚するために会社を辞めた。 だが退職した日の夜、和也の部屋で他の女のパンツを発見し、しかも婚約破棄までされてしまう。
結婚と仕事を同時に失ったさやかは、ファッション誌の編集部に復職するが、新しい編集長はドSのブランド大好き男、宇佐美 (41)。しかも雑誌の企画として 「半年以内に結婚しろ。できなければクビ」と命令される。
さやかが渋ると、宇佐美は「俺の戦略を使えば結婚なんて余裕だ」と豪語し、本当の婚活を教えると言う。

さやかに宇佐美が授ける戦略とは……

「もうすぐ30だし、今から相手を見つけて結婚なんて無理です」
⇒「結婚なんて余裕だ。原価数万円のバーキンが100万で売れる理由を考えろ」

「元カレからのメール、返信していいですか」
⇒「ダメだ。タオルやスリッパにブランドのロゴを入れたイヴ・サンローランと同じ過ちをすることになるぞ」

「そもそも出会いがないんです」
⇒「コーチのように男のホワイトスペースを探せ。お前はヴィトンやエルメスにはなれないが、コーチならなれる! 」

宇佐美が教える戦略は、なぜかハイブランドのマーケティング戦略に基づいたものだった。はたして、さやかは半年以内に結婚できるのか?

(引用元:amazon「サバイバルウェディング」

 

正直初めてこの本を知ったのですが、amazonでは★4.5の評価。

結構多くの方から高評価を得ているってことになります。

 

コメントには、

「とっても面白くてすぐに読み終えてしまいました
ラブコメだけでなく 分かりやすくビジネスのためになる一冊です」

「ストーリーが面白く、のめり込むように読めました。私は男性ですが楽しく読めました。結婚を考える女性は一度は読んでおいた方がいい作品だと思いました。」

「一気に読んじゃいました!私も諦めないで頑張ろうと思いました。」

などなど、★5つの評価がたくさんありました^^

 

こんなに支持を受けている作品なら、ドラマにしたら当たること間違いなしな感じがしますね。(笑)

 

 

 

「サバイバルウェディング」のロケ地・撮影場所は?

 

ドラマ「サバイバルウェディング」のロケ地・撮影場所はまだ情報がありませんでした。

 

そのため、分かり次第、随時更新していきます( ´ ▽ ` )ノ

Sponsored Link

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ