【隅田川花火大会2018】穴場や車で行くときのオススメ駐車場は?

隅田川花火大会といったら、本当恒例の大人気花火大会。

人ってこんなにいたんだぁ・・・というほど、あふれんばかりの人が集まりますよね(笑)

 

花火大会前もそうですが、花火大会後も会場周辺の混雑具合が本当に半端ないです ^^;

 

 

車で行った場合、【行き】は駐車場の空きが見つからない・・・【帰り】は人がごった返してて、駐車場まで歩けども歩けどもつかない・・・

電車で行った場合、【行き】は満員電車で押しつぶされ・・・・【帰り】は人がごった返してて、駅までたどり着かないし、電車にもなかなか乗れない・・・

 

・・・という、花火を見ている間だけはかなり楽しいイベントですよね。

 

 

今回は、

・花火を見る際の穴場スポット

・車で行く際のおすすめ駐車場

について見ていきます。

 

少しでも混雑を回避したい!という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

Sponsored Link

【隅田川花火大会2018】の詳細情報

 

【隅田川花火大会2018】の詳細情報

花火大会 第41回隅田川花火大会
打上数  約20000発
 開催場所 隅田川周辺
第一会場:桜橋下流~言問橋上流
第二会場:駒形橋下流~厩橋上流
 開催日時  7月28日(土)19:00~20:30
※荒天の場合は翌日7月29日(日)に順延・延期
 料金  無料
 アクセス方法  第一会場の最寄り駅:浅草駅・押上駅・東京スカイツリー駅・曳舟駅

第二会場の最寄り駅:浅草駅・蔵前駅・両国駅・浅草橋駅

 交通規制  あり
 駐車場  なし
 トイレ  仮設トイレあり

 

 

第一会場の場所

 

 

第二会場の場所

 

 

 

【隅田川花火大会2018】の穴場 11選

【隅田川花火大会2018】の穴場をご説明していきますね。

 

 

①墨田公園

隅田川の目の前の公園。

多くの人が集まるので、完全に「穴場」ではないのですが、眺めは最高です ^^

 

ただ、人気スポットなので、午前中には場所取りシートでいっぱいです。

前日から場所取りで並ぶ人もいるため、当日の朝9時には場所がなくなっている・・・というケースもあるみたい。

超人気スポットなので、ここで見たい!という方は、早め早めの場所取り行動が必須です!

 

 

②水戸街道

花火の打ち上げ地点に近いため、第1会場・第2会場の両方の花火を楽しむことができます。

交通規制区域内なので路上にて花火鑑賞ができますが、かなり混雑しているため場所取りをしないとゆったり花火を観るのは難しいです。

 

※東武スカイツリーライン曳舟駅から徒歩5分くらいです。

 

 

③銅像堀公園周辺

割と目の前で花火を楽しむことができます。

ただ、人気のスポットなりつつあるため、穴場とは言い難いかもしれません ^^;

 

 

④汐入公園(しおいりこうえん)

打ち上げ会場から遠くなるため、花火の迫力は劣りますが、混雑を避けられるスポット。

ココ最近は有名になりつつある場所ですが、それでも混雑度は低めかなぁ。

駐車場もあるので、車で来る方にはおすすめです ^^★

 

駐車場料金:1時間200円、以降30分毎に100円

 

 

 

⑤東白髭公園

汐入公園の向かい側にある東白髭公園。

隅田川の目の前に位置するため、花火は楽しめるスポットです。

また、屋台や露店なども出ていますし、敷物の無料貸出などもやっているので、ご飯などもゆっくり楽しめます。

 

ただ、花火打ち上げ地点から離れる地点(東白髭公園の奥)だと、ビルなどに視界を邪魔されるところもあるので、場所取りには見極めが必要です。

 

 

⑥大横川親水公園

花火打ち上げ地点からは割と距離がありますが、空いているスポットになります。

「ゆったりと花火を見たい・・・」という方にはおすすめです^^

 

細長い公園で南北に1.8kmもあるのですが、周囲には建物も多いので、見える場所取りは見極めが必要です。

 

Sponsored Link

 

⑦コモディティイダ東向島店(屋上駐車場で花火が見れます)

コモディティイダ東向島店では、花火観賞のために屋上駐車場を開放しています。

屋上のため、視界を遮るような建物も少ないです♫

ただ先着300名といった条件などもあるようなので、事前にお店の公式サイトで確認した方がよさそうです。

 

 

 

⑧オリンピック墨田文化店

オリンピック墨田文花店の屋上駐車場は、花火観賞のために例年無料開放されています。

花火の打上地点からはそこそこ距離がありますが、視界を遮る建物はありません。

例年通りであれば「何名まで」などの制限なし。

 

人数無制限のため、多くの人が屋上から花火を楽しむことができます。

ただ、たくさんの人が集まった場合、座ってゆっくり鑑賞、、というわけにはいきません。

必ずしも毎年解放されるかは分からないので、事前にお店に確認した方がいいかもしれません。

 

※東武鉄道「小村井駅」から徒歩10分でアクセスできます。

 

 

⑨イトーヨーカドー曳舟店

イトーヨーカドー曳舟店の屋上駐車場も花火観賞のために毎年無料開放されています。

ただイトーヨーカドーの場合、花火大会当日の午前中に整理券を配布されため、入手する必要があります。

ここも花火を鑑賞するには十分にキレイに見える場所です。

 

こちらも今年も例年通り、屋上を開放するかは分からないので、事前にお店への確認をした方がいいかもしれません。

 

※武鉄道「曳舟駅」からすぐです。

 

 

⑩タワーホール船堀(江戸川区総合区民ホール)の展望塔

タワーホール船堀(江戸川区総合区民ホール)の展望塔も、隅田川花火大会を楽しめるおすすめの場所です。

花火の打上地点からは距離が離れてしまいますが、無料で入場でき、第1・第2会場の両方の花火を楽しめます。

 

展望室での飲食は禁止、立見になってしまうというデメリットもありますが混雑を避けたい方にはおすすめのスポットです。

 

※都営地下鉄「船堀駅」からすぐです。

 

 

⑪荒川土手

荒川土手も花火の打上地点からはかなりの距離がありますが、第一会場の花火を見ることができます。

距離があるため見える花火が小さくなってしまいますが、広々としているのでゆったり鑑賞できますし、混雑を避けたい方にはおすすめです。

 

※京成電鉄「八広駅」からすぐです。

 

 

 

【隅田川花火大会2018】車で行くときのオススメ駐車場は?

 

【隅田川花火大会2018】車で行くときのオススメ駐車場について見ていきます。

 

会場近辺では18:00~21:30の間、交通規制が敷かれます。

周辺の道路は大変に混雑しますので、ご注意下さい。

↓↓↓↓↓

 

 

隅田川花火大会は毎年100万人ほど集まると言われています。

そのため、車で行くのはかなり大変。

電車ももちろん大変なのですが、車で行くよりよっぽとマシ。。と言えます。

 

ただ、それでも「車の方が交通の便上行きやすい」という場合もあるかもしれませんので、おすすめの駐車場をご説明します。

 

 

 

★第1会場付近の駐車場

汐入公園近辺は花火鑑賞スポットでもあるので、かなり混雑します。

このため、南千住駅付近の有料駐車場は午前中頃からほぼ満車状態になります。

東向島駅・曳舟駅・浅草駅・東京スカイツリー駅あたりの駐車場の方がいいかもしれません。

 

 

★第2会場付近の駐車場

神田駅・日本橋・秋葉原周辺の駐車場がいいかもしれません。

ただその辺りの駐車料金はお値段がそこそこします。。

 

 

 

打ち上げ会場から近場の駐車場の場合、わりかしすぐ車に乗れますが、道路がかなり渋滞しているため車に乗ってからが全く進みません。笑

会場に近いところは交通規制がありますし、当然、一方通行となるエリアももちろんあります。

時間には余裕をもって行動してくださいね。

 

そこそこ歩いてもいいから、車に乗ってからはスイスイ帰りたい、、、という方はさらに遠めの駅付近(上野・東京・亀戸駅など)の駐車場がおすすめです。

 

 

 

車で来る方は当然ながら皆さん同じ考えを持って早めに行動されます。

隅田川花火大会の場合、来場者数は約100万人と言われていますし

当日のお昼ごろにはどこの駐車場も満車になっている可能性もあるので、余裕をもって行動してくださいね。

 

 

花火は夏の風物詩。

ステキなひと時を過ごせるように、事前準備はしっかりやっておきましょう ^^!

Sponsored Link

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ