NGT48 山口真帆さん暴行事件の調査結果報告の会見が3月22日に開かれましたが

調査をした第三者委員会のメンバーは不参加。第三者委員会のメンバーは身内の弁護士のようで…

メンバーについて、そして会見に出席しない理由について見ていきます。

 

先日の調査結果報告の会見はかなり中身がなく・・・

記者も呆れてしまって途中で回答を追求するのを

諦めている様子も見受けられました ^^;

 

調査報告書の内容について詳しく聞きたいのにも関わらず

知っている人がいないのだからしょうがないですが・・・。

怒っている感じもしました…。

 

 

今回は

・NGT48 の 第三者委員会のメンバーは身内の弁護士なのか?

・NGT48 の 第三者委員会が会見に出席しない理由は?

・NGT48 の 第三者委員会に関するネットの声は?

について見ていきます。

 

NGT 第三者委員会のメンバーは身内の弁護士か?

 

NGT 第三者委員会のメンバーについて

NGT48 山口真帆さんの暴行事件を調査するために設けられた

第三者委員会のメンバーですが「身内の弁護士ではないか?」

と言われています。

 

当初は第三者委員会について「当社の顧問弁護士は入らない。外部の弁護士、有識者が入る」

と言っていたようですが・・・

松村氏は新潟日報に対し「第三者委員会には当社の顧問弁護士は入らない。外部の弁護士、有識者が入る」と語った。有識者の人選は「コンプライアンスは大きなワードだと思うし、メンタルの先生も考えている」という。また「再発防止のためにも委員の調査に協力して、規律が乱れていることに関しては厳正な措置をしなければいけないと考えている」と述べた。

また検討テーマとして一連の運営側の対応も「しっかりと調査してもらいたいと思っている」と話した。結果の取りまとめ時期は「メンバーのプライバシーに関わることもあるので、2月のこの時期などとは申し上げにくい。ただ、半年、1年先ということはあってはならない。可及的速やかにやりたい」とした。
(引用元:https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190123446219.html)

 

アイドルグループ・NGT48を運営するAKSが1日、NGT48の公式ホームページで、昨年12月にメンバーの山口真帆(23)が、新潟市内の自宅で男に手で口を押さえられる暴行被害騒動が発生した件についての第三者委員会を設置したことを正式に発表した。

設立の目的として「事件に関連する事実関係の調査及び原因の究明(直接的な原因のみならず、背景となる要因等を含む)を行う」と説明。メンバーの構成については「法律家としての見識に優れ、中立性、公正性を確保できる上、第三者委員会委員の経験が豊富な方を中心に検討を進め」と経緯を明かした上で、委員長に岩崎晃弁護士(岩崎法律事務所)、委員に木内雅也弁護士(赤坂森の木綜合法律事務所)、高山梢弁護士(真和総合法律事務所)の3人を選出したことを発表した。

調査期間は1カ月半をメドとし、全社的に調査に全面協力すること、調査終了後は速やかに、第三者委員会から取締役会へ報告を受け、改めてファンに内容を報告するという。
(引用元:https://www.daily.co.jp/gossip/2019/02/01/0012028925.shtml)

 

今回、調査結果報告書には3名のお名前がありました。

1人ずつ見ていきたいと思います。

 

委員長 岩崎晃弁護士(岩崎法律事務所)について

委員長は、岩崎法律事務所の岩崎晃弁護士です。

 

岩崎晃弁護士は、東京大学経済学部経営学科を卒業されており

平成9年(1997年)に弁護士登録されたようです。

 

NGT公式サイトによると、会務を結構任されていたようですね。

 

<会務>

日本弁護士連合会 司法修習委員会委員長

同連合会 弁護士倫理委員会副委員長

第一東京弁護士会 総合研修センター 倫理研修部会部会長

同会 綱紀委員会委員

同会 司法修習委員会委員

(引用元:https://ngt48.jp/news/detail/100003099)

 

 

委員 木内雅也弁護士(赤坂森の木綜合法律事務所)について

木内雅也弁護士は、赤坂森の木綜合法律事務所に勤めている方で

平成12年に司法試験に合格、平成14年に弁護士登録されたようです。

 

<職歴等>

平成12年 司法試験合格

平成14年 弁護士登録

平成18年 第一東京弁護士会広報・調査室嘱託(平成21年まで)

平成21年 司法研修所付(民事弁護教官室)(平成24年まで)

平成26年 日本弁護士連合会調査室嘱託

(引用元:https://ngt48.jp/news/detail/100003099)

 

Sponsored Link

委員 高山梢弁護士(真和総合法律事務所)ついて

高山梢弁護士は、真和総合法律事務所に務める方で

早稲田大学を卒業されているようです。

 

平成17年に司法試験に合格後、平成19年に弁護士登録をされており

会務も任されていたようです。

 

<会務>

日本弁護士連合会 民事介入暴力対策委員会 事務局次長

第一東京弁護士会 民事介入暴力対策委員会 副委員長

同会 司法修習委員会 委員

同会 倒産法部会 会員 等

(引用元:https://ngt48.jp/news/detail/100003099)

 

 

第三者委員会のメンバーとNGTの関係性は?

第三者委員会の弁護士メンバーとNGTの関係性はズブズブの身内と

ネットで言われており、様々な憶測が飛び交っています。

 

 

もしこれが事実であるならば、何のための第三者委員会なの…?

ということになりますね。

身内での調査なら隠蔽可能でしょうし、全く意味がない・・・(笑)

 

そして、もう1つ気になるのが・・・

謝罪会見に第三者委員会のメンバーが1人も出席していないということ。

調査報告書を作るだけ作って、丸投げなのか?と驚きました。

 

まぁ、もしAKSの方々がしっかり内容を把握されていたのなら

第三者委員会のメンバーも必要ないのかもですが…。

 

NGT 第三者委員会のメンバーが山口真帆暴行事件の会見をしない理由は?


(引用元:https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201903220000098.html)

 

NGT48 山口真帆暴行事件に関する第三者委員会の調査結果報告

第三者委員会の調査結果報告は下記の通りでした。

 

NGT48山口真帆(23)への暴行事件をめぐる問題を受け、運営会社のAKSは21日、第三者委員会による調査結果を公式サイトで発表した。【以下、全文】

第三者委員会から、3月18日に、調査結果のご報告がありましたので、報告書の全文を公表させて頂きます。

第三者委員会の報告書では、今回の事件に関する事実関係の認定がなされ、その中で、事件そのものにNGT48のメンバーが関与した事実はなかったとの判断がなされるとともに、運営上の不備が指摘されました

当社としては、かかる調査結果を厳粛に受け止め、第三者委員会からご指摘いただいた不備を改善することに全力で取り組みたいと思います。

また、二度とこのような事件が起きないように、暴行を行った被疑者らに対して断固とした対応をするため、民事上の法的措置を検討しています。

また、第三者委員会の報告書において、今回の事件とは直接関係はありませんが、メンバーが私的領域におけるファンとのつながりがあったことが挙げられており、当社としても、私的領域におけるファンとのつながりは、特定のファンを優遇する行為として、不適切だと考えております

しかしながら、責任を問われるべきなのは、組織運営に問題があり、スタッフ及びメンバーに対して、事前に明確な基準を示して適切な指導ができていなかった当社であることから、今までのNGT48内での私的領域におけるファンとのつながりを含め、風紀の乱れ全般は、今回は不問に致します

今後の方針としては、常にメンバーと向き合い、話し合いを通じて、解決していくとともに、ファンとのつながりやグループの和を乱す行為等が発覚した場合は、運営として厳正な処分も検討していきます。

あらためて、メンバーの安全対策を第一と考え、メンバーの送迎時の管理体制の強化、防犯体制の強化、メンバーが居住しているマンションの管理体制の強化、握手会における警備体制の強化、特定のファンとのつながりの発生の阻止等を徹底して参ります。

その上で、組織運営の強化、メンバー・スタッフへの教育の徹底、自覚を促して参ります。

NGT48を皆様にもう一度応援していただけるよう、健全な運営に取り組んでまいります。
(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00000113-dal-ent)

 

詳しい調査報告書の内容がこちら。

株式会社AKS 第三者委員会による『調査報告書』

 

 

そして、調査報告に関する会見がこちらです。

 

第三者委員会がNGT48 山口真帆暴行事件の調査結果について会見しない理由は?

Sponsored Link

 

第三者委員会が会見をしない(会見に出席しない)理由は

やっぱりAKSにとって不都合なさまざまな事情を隠すためでしょうかね。

 

会見の動画内では、なぜ調査報告結果の内容を把握している人が

会見の場にいないのか?と記者から突っ込まれていました。

 

今回のように第三者委員会のメンバーが会見に出席しないというのは

やっぱり異例のことだそう。

(まぁ、AKSが内容を把握しているのであれば、良かったのでしょうが)

 

筆者は第三者委員会委員への取材、ないし発足記者会見の開催を依頼した。理由は「選定プロセスを含めた広報が不十分なため、ファンをはじめ世間一般の委員会に対する期待感、信頼感が希薄である」と感じたためだ。

3人の弁護士からはいずれも「本件の第三者委員会については独立性、中立性、公正性を保つため、取材は一切(例外なく)お受けしないことにしております」との回答だった。
(引用元:https://toyokeizai.net/articles/-/268506?page=4)

 

第三者委員会のメンバーが会見に出てしまったら、記者から調査結果内容について

散々問い詰められるでしょうし、報告書の不備を指摘され続け、高い確率で再度の調査を

求められる気がします。

 

調査報告書の内容にはツッコミどころが所々ありましたから・・・。

詳細はこちら

 

山口さんの証言があるのに関わらず

被疑者とメンバーが共謀していた証拠がないだけで

「事件に関与したメンバーが認められなかった」としていたり…。

犯人からの事情聴取がそもそもできていなかったり…。

 

今回の調査報告書は集められた情報のみで

運営会社にとって都合いいように作成されている、としか思えません。

 

指摘されていまいち分からないことがあっても

「報告書に書いてあるんだから(そういうことなんでしょう)」

というスタンスで逃げようとするなんて、、、甘すぎる。

 

第三者委員会って…本当に中立性も独立性も公正性もへったくれもない・・・!!

ズブズブの感じがしてきますね。

 

NGT48 山口真帆暴行事件の 第三者委員会に関するネットの声は?

山口真帆 NGT 第三者委員会 会見 理由 身内 
(引用元:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/22/kiji/20190322s00041000013000c.html)

 

NGTの第三者委員会に関するネットの声を見ていきます。

 

当然ですが、多くの方が納得いっていないですね・・・。

 

荻野由佳(おぎゆか)の匂わせモバメ内容!山口真帆の卒業を示唆?

 

山口真帆 モバメの内容は脱退や卒業を示唆?全文がコレ!

 

 

会見では、”また会見をするかどうか” について「持ち帰ります」と

言っていましたが・・・果たしてどうなるのでしょうかね。

 

ファンはもちろんですが、多くのメディアも今後の行方に注目しているので

風化させる、ということはできなさそうですね。

Sponsored Link